◆第一話『Friends』

■あらすじ

 平凡な高校生の少年だった主人公は、ある日、小学校時代の幼なじみ、朝霞 桜によく似た少女に遭遇する。桜とは、6年前のある出来事をきっかけに音信不通になっていた。主人公は話しかけるが、本人は人違いだと否定。直後に体の不調を訴えて倒れてしまう。少女が搬送された病院で、主人公はかつての友人、橘 幹人と再会する。

 主人公と幹人とは、桜を通じて同じ過去を共有する者同士だった。主人公との再会を喜ぶ幹人。
 しかしその時、世界が突然モノトーンとなり、あらゆるモノの時間が静止する現象《ホワイトアウト》が発生する。そして主人公は、時間の止まった空間に取り残されてしまう。
 脱出方法もわからないまま奇怪な怪物たちに襲われ、危機に陥る主人公。その時、光輝く拳を持つ少女、乾 朋が現れ、主人公を庇った。そして、戦いの中、主人公は超能力者《イモータル》として覚醒、怪物を退けることに成功する。
 朋は主人公に、全てを飲み込む力の源である《ホワイトカオス》の存在、そして力を使う度に破滅に近づいていく《イモータル》の宿命を語った。

 力に溺れて滅びの道を歩むか、大切なモノのために力を振るうか。
 主人公の選択は──。

■登場人物

主人公(名前は任意)高校二年生
関東近県の港湾都市・美浦市に住む高校生の少年。剣道部所属。
偶然から超能力者《イモータル》として覚醒し、事件に巻き込まれていく。
乾 朋(いぬい・ともえ)/17歳・女性
超能力者組織《Anchors & Ships》に所属する《イモータル》の少女。
《ホワイトアウト》現象に巻き込まれた主人公の危機を救い、《ホワイトカオス》を初めとする世界の真実や、超能力の危険性について教える。
橘 幹人(たちばな・みきと)/17歳・男性
美浦市にある大病院「橘総合病院」院長の息子。
小学生のころは主人公とは大の仲良しだったが、ある出来事をきっかけに音信不通に。
今回、約6年ぶりに再会することになる。しかし彼は……。
謎の少女/16歳?・女性
主人公の前に現れた、不思議な雰囲気を持つ少女。
小学生時代の幼なじみである朝霞 桜(あさか・さくら)に酷似しているが……?

←return